コンサルティングの特色

「生産性向上」と「人材育成」が車の両輪となるコンサルティング

弊社が開発した「生産性ロードマップ戦略プログラム」は中小製造企業向けに特化したプログラムです。大手と中小の両方の現場を肌で知っている弊社代表伊藤が中小製造現場に「生産性向上」「人材育成」の仕組みを定着させたいとの想いで開発しました。

中小製造現場が豊かな成長を遂げるには「生産性向上」と「人材育成」の仕組みが絶対に欠かせません。これらが整備されていて初めて経営者は「将来」の仕事に専念できます。「生産性向上」と「人材育成」の仕組みは企業の命脈を保つのに重要な役割を果たしているのです。

「生産性向上」では活動の結果が「お金の獲得」に結びついていること。

「人材育成」では活動の結果が「生産管理3本柱の基礎習得」に結びついていること。

 

弊社の「生産性ロードマップ戦略プログラム」は従来の改善活動とは2つの点で違いがあり、それが弊社コンサルティングの特色となっています。

ひとつはロードマップの考え方を改善活動に導入したことです。経営者が描く5年先、10年先の見通しを生産性向上の判断基準とします。生産性向上に取り組むのは経営者の想いを実現させるためだからです。これでベクトルを揃えます。組織には大きな目的、共通の目標が欠かせません。

儲けの見える化で生産性向上の成果と現場から生み出されるお金を結びつけます。儲けへの貢献度を現場へ知らせ有能性を感じさせるのです。経営者の想いへの共感が醸成され、現場の一体感が高まります。

こうして長期的視野で仕事をする土壌が整備されていくのです。次世代を担う若手へ儲かる工場経営を引き継ぐにはロードマップの考え方が求められます。

ふたつめは「生産性向上」と「人材育成」を車の両輪のように回して現場改革、意識改革、構造改革を進めることです。生産管理3本柱で生産性向上の仕組みづくりを進めるなかで、プロジェクトリーダーには仕組みを現場へ定着させる手法についてマンツーマンで指導します。

生産性向上の取り組みでは現場が長年やってきた属人的な仕事のやり方を組織的なやり方に変えることになります。製造現場のことを熟知していないとこの指導はできません。現場心理を肌で理解している必要があります。

現場は、正しいことを言っているからその人の話の聞いているわけではありません。その人を信頼しているから話に耳を傾けるのです。こうした心理を理解した上で、プロジェクトリーダーが現場を相手に成果を出せるよう導きます。

現場リーダーや各工程キーパーソンとの面談もカギです。現場への直接的な働きかけとなります。当該プログラムではコンサルタントとしての重要な仕事のひとつとしています。現場へ入り込む必要があるのです。

コンサルティング風景現場で仕組みを機能させるには、仕組みづくりだけでは不完全です。それを回す人材も育成する必要があります。現場で議論して最適な結論を出すにも、訓練が必要なのです。

そこで、弊社のコンサルティングは生産性向上の仕組み作りと人材育成の仕組づくりを一緒に進めます。

弊社のコンサルティングを通じて、プロジェクトリーダーには「人材を育成する人材」になってもらいます。「生産性向上」と「人材育成」を車の両輪のように回す仕組みを手にして下さい。

この仕組みが定着すれば、”今”を現場に任せ、経営者は”将来”に専念できます。さらなる高みを目指せるのです。

「生産性向上」「人材育成」

弊社のコンサルティングで貴社独自の仕組みを創りあげて下さい。全力でご支援を致します。

 

工場経営研究所の守秘義務について

工場経営研究所では当社へご依頼いただいているクライアント企業の情報やコンサルティングの内容を一切、漏らすことはありません。

また、工場経営研究所は技術士事務所として技術士法を遵守します。

(技術士等の秘密保持義務)第四十五条技術士又は技術士補は、正当の理由がなく、その業務に関して知り得た秘密を漏らし、又は盗用してはならない。技術士又は技術士補でなくなつた後においても、同様とする。

コンサルタント業とはその道のプロです。皆様がそれぞれのお立場があることを重々承知しております。ご安心の上、ご相談、ご依頼ください。

工場経営研究所の3つの基本方針

工場経営研究所では、下記に表した3つの基本方針に従ってコンサルティングサービスを提供致します。

  1. 何を指導するか、「内容、回数、期間、料金」を事前に明らかにします。
  2. 現場主義に徹します。
  3. ノウハウの提供に徹します。
  1. 1.何を指導するか、「内容、回数、期間、料金」を事前に明らかにします。

    弊社はホームページやパンフレット、セミナー等を通じて、ご提供するサービスを全て事前に明示します。弊社の考え方や指導内容、回数、期間、料金についてご理解、納得いただいた上で、ご契約を交わし、コンサルティングを実施致します。弊社はズルズルと契約期間を延長するようなことは一切致しません。

  2. 2.現場主義に徹します。

    弊社のコンサルティングで目指すのは、「生産性向上」と「人材育成」の仕組みが現場へ定着し、経営者が不在でも、その仕組みがグルグル回る状態です。具体策をや現場指導します。3現主義に基づき、貴社の現場の状況を踏まえて、経営者、現場といっしょになって仕組みを構築して参ります。

  3. 3.ノウハウの提供に徹します。

    弊社が持っているノウハウの体系を提供することに徹します。経営者が自ら実践できるように全力でご支援致します。業務の代行は致しません。コンサルティングが終わってからが取り組みの本番です。現場での自立的な活動が必要であると考えているからです。弊社の役割は流れを創り、継続的に取り組める土台を準備し、全力で後押しをすることです。