地球儀とグラフ コンサルティング 儲ける力を150%にアップさせる10~100人の中小製造現場での仕組みづくり
カイゼンとイノベーションを連携させた中小製造企業向け10年ロードマップ戦略コンサルティング

代表コンサルティング風景

25年間にわたり大手と中小製造業の現場で実績を重ね、現場で直面する問題を熟知した当社代表伊藤が、現場に入り込んだコンサルティングを行います。

10年ロードマップ戦略プログラムは、中小製造企業向けに特化した、イノベーションを日常化させた儲かる工場経営を実践するための専用プログラムです。カイゼンとイノベーションを弊社独自の手法で連携させます。儲ける力を150%にアップさせる仕組みを6ヶ月でつくりあげます。

流れ分析でムダを抽出し、製品・生産分析で現状を把握します。弊社独自の分析手法でイノベーションへの課題を明らかにします。カイゼンテーブルと各工程指標フォロー表で儲ける力を見える化し、将来投資の原資を獲得します。そして、経営者が思いを込めて将来投資を組み立て、イノベーションを目指します。NO1、ONLY1のコア技術を強化して、持続的な競争優位を確立するのです。

10年ロードマップで現場の5年先、10年先の見通しを示して若手人財のやる気を引き出します。発揮されずに眠っていた現場力を呼び起こすのです。次世代現場リーダーの育成も重視します。10年ロードマップ戦略の最終目標は、イノベーションを日常化させた儲かる工場経営を次世代へ引き継ぐことです。若手人財の持っている力を最大限に生かす、貴社の工場全体を俯瞰した最適な仕組み(システム)を構築したいのです。

「コンサルティングの特色」はこちらをご覧ください。

1.当社のコンサルティングをおすすめする経営者の方

工場長腕組み

  • 経営者層と現場のベクトルが揃わず、中長期計画が進まなくて苦しんでいる経営者の方
  • 貴社の強みを組織的にブラシュアップして、新たな付加価値を創出したい経営者の方
  • イノベーションを貴社の戦略に取り込んで、儲ける力をアップさせたい経営者の方
  • 次世代を担う若手人財のやる気を喚起して、現場力を呼び起こしたい経営者の方
  • なにがなんでも次世代を担う若手人財へ、儲かる工場経営を引き継ぎたい経営者の方

100人以下の中小工場で、儲かる工場経営を若手人財や次世代へ引き継ぎたいと強くお考えの中小製造業の経営者の方々に当社のコンサルティングをおすすめします。筋肉質の現場へ導く最良の仕組み構築します。社長の右腕となる最強のチームづくりをします。そうしてイノベーションを日常化させた儲かる工場経営を次世代へ引き継ぐことを目指すのです。

儲ける力がなければ儲かる工場経営はありません。したがって儲ける力を継続的にアップさせなければならないのです。弊社独自の手法でカイゼンとイノベーションを連携させます。長期的視点で仕組みづくりをします。一方、カイゼン、5Sを中心にした現場活動で、今、お金を稼ぐ必要もあります。イノベーションへ向けた将来投資のためです。

2.コンサルティングで構築できる5つの体制

  1. 工場経営仕掛け3本柱による、モノづくり力/人財力ブラシュアップ体制
  2. 全体/部分最適指標フォローの見せる化による、自律的生産体制
  3. 現場の機動性を高めるDRIVE伝播による、チームオペレーション体制
  4. 10年ロードマップによる、コア技術の深耕/周辺技術強化体制
  5. お金を生み出すカイゼンテーブル運用による、将来投資支援体制

バラバラで動いていた現場が5つの体制を土台にして、有機的につながります。その結果、筋肉質の現場へ導く仕組みが自律的に回り始めます。社長の右腕となる最強のチームによるチームオペレーションも機能します。現場は足元でお金を生みながら、イノベーションを目指す全体最適の状態に至ります。そして、中小の製造業は豊かな成長路線をさらに突き進んでいくのです。経営者から提示された見通しで、次世代の現場リーダーをはじめ現場はやる気に満ちます。若手人財の持っている力を最大限に生かす、貴社の工場全体を俯瞰した最適な仕組み(システム)が出来上がります。こうして儲かる工場経営を次世代の若手人財に引き継ぐのです。

3.コンサルティングの導入検討と流れ

コンサルブックタイトルまずは、弊社セミナーへご参加ください。弊社の考え方やコンサルティングの内容をご理解いただきます。貴社との個別相談後、コンサルティングをスタートさせます。標準コースは月1~2回のペースで6ヶ月間、総計11回訪問のコンサルティングです。プロジェクトの形で進めます。社長の右腕となる最強のチームづくりもキモです。次世代を担う若手人財の育成も重要です。貴社のご要望をお話ください。カスタマイズも可能です。

  1. 第1段階まずは、セミナーへご参加ください。

    • 弊社の考え方をご理解いただきます。
    • コンサルティングの内容をご理解いただきます。
    • 貴社が目指している将来の姿と現状を比べてください。
    • 弊社のサービスでギャップを埋めることができませんか?
  2. 第2段階個別相談で貴社が直面している問題、課題を全てお話しください。

    • 原則としてセミナーに参加いただいた方のみお受けいたします。
    • 気になっていること全てをお話しください。
    • 費用のご相談も承ります。
    • 導入を決断いただいたら、この時点でお申し込みをお願いいたします。
  3. 第3段階事前診断でコンサルティングの内容を決定します。

    • コンサルティングに先立って現場の事前診断を実施します。
    • 貴社のご要望に応じたコンサルティングのプログラムを設計します。
    • プロジェクトを推進するためのチームをつくります。
    • この段階でお見積もりを提示、ご承認後、契約となります。
  4. 第4段階スタートアップミーティングで経営者の想いを共有します。

    • 経営者、経営幹部とプロジェクトチームは一体となっていただきます。
    • プロジェクトチームは経営者の想いを100%理解いただきます。
    • プロジェクトの全体像をプロジェクトチームへ説明します。
    • 全員のベクトルがそろったところでいよいよ開始です!
  5. 第5段階コンサルティングの開始です。

    • コンサルティングの前半は主に足元でのお金を生み出す仕組みづくりです。
    • 足元を固めた後、コア技術をブラシュアップさせる仕組みづくりへ移行します。
    • コンサルティングのメニューは10数段階あります。(下記参照)
    • 次世代を担う若手人財の育成も重要です。
  6. 第6段階コンサルティングの進捗フォローです

    • 標準コースでは折り返し地点(5回目)で進捗のフォローをします。
    • 問題があれば、その時点でコンサルティング計画を見直します。
    • 足元を固めない限り、次のステージには移行しません。
    • まずは、足元で結果を出していただくことに徹底的にこだわります。
  7. 第7段階コンサルティングの完了です。

    • プロジェクトの成果を経営者、経営幹部、プロジェクトチームで確認します。
    • イノベーションを日常化させた仕組みが機能しているか確認します。
    • 次世代を担う若手人財の人財育成状況を確認します。
    • 今後の課題を整理します。
  8. 第8段階コンサルティング後のフォローです。

    • ご希望に応じてサポートを継続します。
    • メールなどでのご相談も承ります。
    • 次世代を担う若手人財の育成ではQCD基礎知識のOJTがカギです。
    • 最終目標は儲かる工場経営を次世代へ引き継ぐことです。

貴社の業種業態を踏まえ、弊社が開発したコンサルティングブックで指導を行います。毎回、次回のコンサルティングに向けての課題を検討いただきます。事前指導もメール等で実施します。

コンサルティングの対象者は原則、経営者、経営幹部、プロジェクトメンバーです。弊社コンサルティングはプロジェクトで進めます。経営者が任命したプロジェクトメンバーを中心に展開します。コンサルティングの進め方は貴社のご要望も踏まえ、個別相談のときに決めます。

コンサルティングングメニュー(2017年4月時点)

第1段階 カイゼンとイノベーションを連携させた戦略づくりの事前準備をする

第2段階 経営者の力強い右腕となる最強のチームづくりに着手する

第3段階 目指すべき状態を設定するために、現状を把握する

第4段階 “流れ分析”を実施して経営問題を現場で見つける

第5段階 4つのポイントを押さえて現場に働きかける仕組みをつくる

第6段階 お金の匂いがする現場活動に変えるための5つの正攻法を共有する

第7段階 部分最適化を目指して、各工程の工程指標を設定する

第8段階 成果を実感させて現場の意識改革を促すカイゼン、5Sを実行する

第9段階 利益につながる現場活動を実践ためのカイゼンテーブルをつくる

第10段階 顧客に選ばれる製品を最小コストでつくる戦略の方向性を決める

第11段階 製販連携でコア技術をお金に変換する10年ロードマップをつくる

第12段階 経営者が考えるべき情報通信技術(ICT)戦略の方向性を決める

第13段階 現場のDRIVEを引き出す若手人財の地頭強化戦略を立てる

第14段階 経営者の羅針盤となる10年ロードマップの最終確認

※コンサルティングメニューは必要に応じて改訂して参りますので、ご了承ください。

4.10年ロードマップ戦略コンサルティング

コンサルティングをご利用いただきやすいようトライアルコース、導入コース、標準コースの3つのメニューを設定しました。

  • トライアルコース:1.5ヶ月で3回のご訪問

    伊藤が中小現場で実証済みの当プログラムには絶対的な自信を持っていますが、コンサルティングの費用対効果を心配する方もいらっしゃいます。まずは、トライアルコースで当社のコンサルティングををお試し下さい。第4段階まで実施します。効果を実感いただいた後、導入コース、標準コースへ移行できます。

  • 導入コース:3ヶ月で6回のご訪問

    10年ロードマップづくりの手前までのコンサルティングです。第9段階まで実施します。流れ分析、カイゼンテーブル、各工程指標フォロー表、付加価値フォロー表の仕組みをつくります。儲かる工場経営の土台部分の構築です。

  • 標準コース:6ヶ月で11回のご訪問

    導入コースに加え、イノベーションを生かして儲ける力を150%にアップさせる仕組みを構築します。第14段階全てを実施します。イノベーションを日常化させた儲かる工場経営の全体が完成します。最終目標は儲かる工場経営を次世代へ引き継ぐことです。

    • カイゼン、5Sを柱とした儲かる工場経営の土台部分の構築
    • イノベーションを生かして儲ける力を150%にアップさせる仕組みの構築

    コンサルティングはプロジェクトで進めます。チーム力が高まります。チームオペレーションを機能させます。次世代を担う若手人財の育成も重要です。

各プラン料金表

トライアルコース 導入コース 標準コース
料金 9万円(税別) 50万円(税別) 130万円(税別)
訪問回数 3回 6回 11回
標準期間 1.5ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
1回あたりの時間 3~6時間 3~6時間 3~6時間
終了後のオプション 終了後、導入コースへ 継続可能 終了後、標準コースへ 継続可能
料金に含まれるもの 現場の強み判定報告書 + コンサルティングブック 現場の強み判定報告書 + コンサルティング計画書 + コンサルティングブック 現場の強み判定報告書 + コンサルティング計画書 + コンサルティングブック + 10年ロードマップ戦略書
  • ※料金のお支払いは原則一括払いでお願いします。
  • ※分割でのお支払いはご相談承ります。
  • ※交通費、地域によっては宿泊費を別途、ご請求します。
  • ※終了後のオプションでは各コースの差額を、ご請求します。
  • ※具体的なコンサルティングの日程は標準期間をめどに事前に設定します。
  • ※日程は貴社のご都合に合わせ必要に応じて調整します。
  • ※コンサルティング期間は進捗状況により標準期間を前後することがあります。
【ご注意】

10年ロードマップ戦略コンサルティングにつきましては、事前にセミナーを受講された方に限定してお受けしております。当社のコンサルティング方針をご理解いただいた経営者の方でない限りサービスのご提供は難しいとの判断によります。何卒、ご理解の程、お願い申し上げます。

5.個別相談

1)初めての方                                   まずは、メールにてお問い合わせください。弊社の考え方やコンサルティングの内容はセミナーで詳しくお話しております。したがって、まずはセミナーに参加いただくことをお勧めします。しかしながら、モノづくりの現場にはいろいろな問題・課題が存在するのも事実です。伊藤自身が痛感してきました。今、お抱えの問題に関する相談をご希望の方は、メールで、その旨をお送りください。その後の進め方につきアドバイス致します。

2)セミナー受講者または10年ロードマップ戦略コンサルティングを受けられた方   フォローと定期診断を目的としたご相談をお受けしております。また、セミナー受講後、弊社のコンサルティングを利用しようかどうか検討される方もご利用ください。現場の状況を確認しながら、コンサルティングの進め方をご提案致します。

35,000円(税別)/時間で、2時間から 原則、東京都内で実施します。ご希望により御社へお伺いします。その際の交通費、宿泊費は別途請求致します。(東京都内の場合は交通費無料です。)

なお、個別相談後、10年ロードマップ戦略コンサルティングをご契約いただいた際は、お支払い金額分を全額充当致します。

6.お申し込み

コンサルティングのお申し込みは「お申込みフォーム」か「FAX」でお願い致します。折り返し、書類等を送らせていただきます。

個人情報の取り扱いについて
  1. ご記入いただいた個人情報は、お問合せへの対応及び確認のために利用します。
  2. また、この目的のためにお問合せの記録を残すことがあります。

フォームでのお申し込みはこちら

必須のついている項目は、必ずご記入お願い致します。

必須
必須
※入力後、県名自動入力
必須
必須
■お名前ふりがな
■お役職
必須
必須
必須 ※折り返しお申込み確認用のEメールをお送りします。半角英数文字にて、正確に入力いただくようお願い申し上げます。
確認ボタンの前に以下の承諾をお願いします。

個人情報保護方針について承諾する。

FAXでのお申し込みはこちら

こちらのお申し込み用紙をダウンロードしてご利用ください(PDF書類です。)
FAX:
03-6869-8441
※番号をお間違えの無いようにお願い申しあげます。