コンサルティングの特色

製販一体となって儲かる工場経営を実現させる

経営者の願いは儲かる体質の事業や現場を手にすることではないでしょうか?儲かる工場への構造改革、顧客視点を持たせる意識改革、組織力を強化する現場改革。

中小製造企業が生き残るために、これら3つの改革が必要であろうことは論を俟ちません。生産性向上と人材育成の重要性がしばしば語られています。それが証左です。

ですから、生産性向上と人材育成をやり切る具体策の有無が問われます。貴社の存亡のカギを握る3つの改革の原動力は生産性向上と人材育成だからです。

弊社は3つの羅針盤で具体策を提供できます。「一体化」「見える化」「収益化」です。次世代を目指した儲かる工場経営の航海を乗り切る戦略です。方向性を示してくれます。

将来投資型固定費戦略、生産性向上活動戦略、付加価値額積み上げ価格設定戦略。生産性ロードマップ戦略プログラムは3つの戦略を体系化したものです。

大手、中小の製造現場を実地で経験しなければ絶対に理解できない、肌感覚でしか分からない「コト」が製造現場にはあります。

貴社へ提供するプログラムの土台にはそうした「コト」があります。ですから、中小現場で成果を出せるのです。机上の空論では中小製造現場で現場改革の狼煙を上げられません。

 

手順化されている

現場へ仕組みを定着させるのに欠かせないことがあります。それは仕事の手順化です。手順を明らかにしています。弊社のプログラムはコンサルティングファイルで手に取れます。

そこには手順化されたプログラムが示されています。貴社はそれに従って、順番に取り組めばいいのです。

数値で語る

寸法、重量、配合比率、温度、不良率・・・。日々の生産活動は全て数字で語られます。モノづくりは工学であり科学です。

製造現場で人を動かそうとするなら、経営者は数値で語ることが欠かせません。弊社プログラムは価格の検証、設定から始めます。単価は数値です。全てを数値で表現していきます。

 

ご提供するコンセプト

弊社がこだわるのは付加価値額であり、付加価値額生産性です。利益規模ではありません。ましてや売上高規模でもありません。

セミナーやご指導で詳しくご説明していますが、ご自身も当然ですが、従業員へ少しでも多くの給料を払ってあげたいという経営者の願いを実現していただきたいからです。

地域で、あるいは業界のなかでトップクラスの給料を払ってくれる企業には多くの人材が注目します。将来投資型固定費戦略のねらいはそこにもあります。

当然、売上規模や利益規模の拡大も狙います。ただし、これらは外的環境の変化で左右される数字です。場合によっては、コントロールができません。

モノづくりに携わる私たちは、自らコントロールできる数値に焦点を当てたいのです。コンサルティングの目標として付加価値額の積み上げ、付加価値額生産性の向上を掲げます。

付加価値額の積み上げ、付加価値額生産性の向上の先に、豊かに成長する将来投資型固定費が実現できるのです。固定費は削減の対象ではなく、効率を高める対象と考えています。

少数精鋭で筋肉質の現場向けの目標です。付加価値額を積み上げるという考え方を現場へ浸透させます。

 

コンサルティング風景

工場経営研究所の守秘義務

工場経営研究所では当社へご依頼いただいているクライアント企業の情報やコンサルティングの内容を一切、漏らすことはありません。ご契約時に守秘義務について説明をさせていただいております。

また、工場経営研究所は技術士事務所として技術士法を遵守します。

(技術士等の秘密保持義務)第四十五条技術士又は技術士補は、正当の理由がなく、その業務に関して知り得た秘密を漏らし、又は盗用してはならない。技術士又は技術士補でなくなつた後においても、同様とする。

コンサルタント業とはその道のプロです。皆様がそれぞれのお立場があることを重々承知しております。ご安心の上、ご相談、ご依頼ください。

工場経営研究所の3つの基本方針

工場経営研究所では、下記に表した3つの基本方針に従ってコンサルティングサービスを提供致します。

  1. 何を指導するか、「内容、回数、期間、料金」を事前に明らかにします。
  2. 現場主義に徹します。
  3. ノウハウの提供に徹します。
  1. 1.何を指導するか、「内容、回数、期間、料金」を事前に明らかにします。

    弊社はホームページやパンフレット、セミナー等を通じて、ご提供するサービスを全て事前に明示します。弊社の考え方や指導内容、回数、期間、料金についてご理解、納得いただいた上で、ご契約を交わし、コンサルティングを実施致します。弊社はズルズルと契約期間を延長するようなことは一切致しません。

  2. 2.現場主義に徹します。

    弊社のコンサルティングで目指すのは、「生産性向上」と「人材育成」の仕組みが現場へ定着し、経営者が不在でも、その仕組みがグルグル回る状態です。具体策をや現場指導します。3現主義に基づき、貴社の現場の状況を踏まえて、経営者、現場といっしょになって仕組みを構築して参ります。

  3. 3.ノウハウの提供に徹します。

    弊社が持っているノウハウの体系を提供することに徹します。経営者が自ら実践できるように全力でご支援致します。業務の代行は致しません。コンサルティングが終わってからが取り組みの本番です。現場での自立的な活動が必要であると考えているからです。弊社の役割は流れを創り、継続的に取り組める土台を準備し、全力で後押しをすることです。