地球儀とグラフ コンサルティング 製販一体で儲かる価格を設定し、プロトモデルで検証しながら人時生産性を向上させる
儲かる現場活動で新たな顧客を創出する独自の手法

代表コンサルティング風景

大手と中小の工場経営で様々な困難に対応してきた弊社代表伊藤によるコンサルティングです。製造現場25年にわたる経験から体系化されたプログラムで指導します。

「製販一体で儲かる価格を設定」し、「リードタイム短縮で付加価値額人時生産性を向上」させながら、「儲かる現場活動で新たな顧客を創出する」儲かる工場経営のやり方を組み立てます。

コンサルティングの狙いは、プロトモデルで検証を繰り返しながら、製販一体となって無理なく、安定して儲かるモノづくりのやり方を導き出すことです。

中小製造現場に特化した価格設定と付加価値額人時生産性を向上を連動させた弊社独自のコンサルティングは、モノづくり現場が抱えている多くの課題を解決しています。

まずは個別相談へお申し込み下さい。

 

「コンサルティングの特色」こちらをご覧ください。

1.弊社のコンサルティングをおすすめする経営者の方

工場長腕組み

  • 儲かる製品と儲からない製品の見極めをして、新たな受注戦略を立てたい。
  • 価格設定のやり方をルール化して組織的に統一した適正価格を算出したい。
  • 「価格が安い製品も戦略的に必要である」ことを現場に理解させたい。
  • 製販一体で儲かる価格を設定し、安易に値引きしない仕組みをつくりたい。
  • 利益への貢献度合を見える化して、現場活動の活性化を図りたい。
  • 製販一体で収益を改善する仕組みをつくり、新規顧客開拓へつなげたい。
  • 従業員の給料を増やす戦略を現場へ打ち上げて現場活動の活性化を図りたい。
  • 儲かる工場経営を体系化して引き継げるようにしたい。
  • 5年先、10年先の見通しを立てて現場のモチベーションを高めたい。
  • 5年先、10年先の事業承継に向け次期経営者を支援する体制をつくりたい。

適正な価格が明らかにされ、儲けの見える化が進めば、付加価値額生産性向上活動が加速されます。”今”を現場に任せ、経営者は”将来”に専念する体制ができあがるのです。

モノづくり事業のステージを高め、飛躍させる新たな工場経営戦略の手法として、現場の豊かな成長と発展を願う貴社へ強くお薦めします。

 

2.成果物は「価格」と「生産性」を管理する体制

生産性ロードマップ戦略プログラムで構築できる5つの体制
  1. 製品別付加価値額管理体制
  2. 固定費回収パワー管理体制
  3. 製品別基準価格管理体制
  4. ストレスフリー項目管理体制
  5. 生産性ロードマップ管理体制

弊社のコンサルティングで「製販一体で儲かる価格を設定」し、「リードタイム短縮で付加価値額人時生産性を向上」させながら、「儲かる現場活動で新たな顧客を創出する」仕組みを管理する体制が整います。プロトモデルで検証しながら、製販一体で無理なく、安定して収益性を高め続けられる体制です。付加価値額人時生産性で収益性を計ります。

 

3.コンサルティングの導入手順

まずは個別相談へお申し込み下さい。弊社の考え方とコンサルティングの内容を理解いただきます。

貴社との個別相談、そして契約後、コンサルティングをスタートさせます。貴社の要望をなんでもお話ください。

貴社の現状と5年先、10年先の見通しを踏まえた最適なコンサルティングをご提供いたします。オンラインでの対応もできます。

 

  1. 手順1まずは個別相談へお申込みください。

    • 弊社の考え方とコンサルティングの内容をご理解いただきます。
    • 貴社のお悩み事を全てお話しください。
    • 弊社のコンサルティングでお悩み事を解決できませんか?
  2. 手順2コンサルティングへお申込みください。

    • 仕組みをつくって定着させる総合コースをお勧めします。
    • 計画の概要をご説明します。
    • コンサルティング内容でご要望があれば承ります。
  3. 手順3第1回目へ向けての準備を進めます。

    • 契約書を取り交わします。
    • 計画書をお送りします。
    • 早速、事前準備の課題に取り組んでいただきます。
  4. 手順4コンサルティング開始です。

    • 弊社で開発したコンサルティングファイルをお渡しします。
    • 毎回、次回へ向けての課題に取り組んでいただきます。
    • 「価格設定」と「現場活動」を連動させた仕組みをつくります。
  5. 手順5コンサルティングの完了です。

    • お疲れさまでした!
    • 儲かる工場経営の仕組みができあがりました。
    • 付加価値額生産性で収益性を計ります。
  6. 手順6コンサルティング後のフォローです。

    • ご希望に応じてサポートを継続します。(定期訪問の商品をご利用下さい。)
    • 仕組みを使い倒して収益性を高めていただきます。

弊社か゛開発したコンサルティングファイル(生産性ロードマップ戦略プログラム)でご指導します。毎回、次回のコンサルティングに向けて、課題を検討いただきます。不明点はどんどんメール等でしてください。

コンサルティングの対象者は経営者、経営幹部、プロジェクトメンバーです。経営者が任命したプロジェクトメンバーを中心にご指導をします。

 

4.生産性ロードマップ戦略プログラム

生産性UP体制構築のためのコンサルティングプロセス

  1. チャプター1 付加価値額人時生産性の定義と管理実務

    1. 1)詰めて・空けて・取り込むプロトモデルを設定する
    2. 2)固定費VS付加価値額の収益構造を定義する
    3. 3)製品別と全体の人時生産性を管理する
    4. 4)製品別所要工数と個人工数把握のやり方・・・・・・・・
  2. チャプター2 儲かる工場経営を実現させる全体最適化の設計図

    1. 1)過去10年の振り返りと現状把握、課題設定
    2. 2)ロードマップ体系図を設計する
    3. 3)儲かる現場活動体系図を設計する
    4. 4)現場活動を顧客開拓へつなげるプロトモデルを設計して・・・・
  3. チャプター3 リードタイム短縮で人時生産性を高めるやり方

    1. 1)リードタイムを定義する
    2. 2)リードタイムを決める2つの設計をチェックする
    3. 3)2つのリードタイム短縮活動を切り分ける
    4. 4)プロトモデルにおけるボトルネック解消の具体策を考えて・・
  4. チャプター4 自律的、継続的な現場活動を定着させる実務

    1. 1)プロトモデルで小さなPDCAを駿足で回す
    2. 2)工程内と全社の課題を設定し、行動計画を立てる
    3. 3)活動実績を共有化させる具体策
    4. 4)活動進捗をフォローして、ストレスフリー項目を管理し・・・
  5. チャプター5 人時生産性を高める価格設定のやり方

    1. 1)儲かる価格の構造を設計する
    2. 2)コスト構造を明らかにする
    3. 3)マンレートおよびマシンレートを決定する
    4. 4)固定費回収パワーから技術料を定義して、値引きの・・・・
  6. チャプター6 製販一体で人時生産性を高める仕組みづくりの実務

    1. 1)DRで現場と営業の意思統一を図る狙いを理解する
    2. 2)DRと見積もりを連動させて独自の儲ける仕組みをつくる
    3. 3)継続的なフィードバック体制を構築して見積もり精度を高める
    4. 4)DRシートで受注案件の目標値を設定して・・・・・・
  7. チャプター7 少数精鋭の品質作り込み体制を構築する実務

    1. 1)先手を打つ品質作り込み体制の狙いを理解する
    2. 2)自主検査と工程間連携を連動させる
    3. 3)DRで設計品質や製造品質をフィードバックする
    4. 4)継続的な不良防止活動や・・・・・・・・・・・・
  8. チャプター8 コア技術を強化して新たな顧客を創出する戦略

    1. 1)生殺与奪の権奪還の思考回路を共有する
    2. 2)現場活動で磨く独自の強みをゾーンで明らかにする
    3. 3)QCDの決定権を持ち、営業部隊が売る商売をする
    4. 4)スマイルカーブで・・・・・・・
  9. チャプター9 現場のベクトルを揃えるやり方

    1. 1)右腕役を選び、仕事に人をつける
    2. 2)混乱を楽しむ「ウチの会社感覚」を持たせる
    3. 3)2:6:2の法則で見極める
    4. 4)売上が先か、改革が先か・・・・・・・・・・
  10. チャプター10 労災やクレームを未然に防ぐ体質づくりのやり方

    1. 1)「非常時」でも自律的に回る現場を育てる
    2. 2)ケーススタディで正解のない問題への対応力を高める
    3. 3)過去トラのデータベースを構築する
    4. 4)「非常時」での対応も仕組みで・・・・・・・
  11. チャプター11 人時生産性を高めるロードマップ作成の実務

    1. 1)ロードマップとは貴社のトリセツ:トリセツの体系
    2. 2)経営理念、社是の再確認と深掘りをしてビジョンを掲げる
    3. 3)今と将来のギャップを認識する
    4. 4)プロトモデルの規模を決め、戦略を立案、目標とマイルストンを・・・
  12. チャプター12 ロードマップを使い倒す実務

    1. 1)ロードマップを使い倒して新規顧客創出へつなげる
    2. 2)ロードマップを使い倒す実務の進め方を決める
    3. 3)ロードマップの体裁を見直す
    4. 4)ロードマップ使い倒しの予行演習を・・・・・・
    1. チャプター13 次への課題設定

      1. 1)次のステップアップへ向けての課題を設定する
      2. 2)全体のまとめ
    • 「コンサルティングの特色」こちらをご覧ください。また、プログラムの詳細をご希望の方はコンサルティング資料をご請求ください。

5.生産性UP体制構築コンサルティング

貴社に「儲かる現場活動で新たな顧客を創出する」仕組みをつくりあげるコンサルティングです。弊社代表伊藤が貴社を訪問し、経営者、経営幹部へのコンサルティングを進めます。オンラインでの対応も可能です。コンサルティングファイル「生産性ロードマップ戦略プログラム」を使います。ご利用いただきやすいよう導入コース、標準コース、総合コースの3つのコースを準備しました。まずは個別相談へお申し込み下さい。

  • 導入コース:2ヶ月で3回のご訪問 

    悩まれている時は導入コースをお勧めします。まずは弊社プログラムをお試しください。効果を実感いただくコースです。チャプター2までは必ず実施します。

  • 標準コース:10ヶ月で12回のご訪問

    「儲かる現場活動で新たな顧客を創出する」仕組みをつくるコンサルティングです。生産性ロードマッププログラムの全てのチャプターが対象です。ご利用が最も多いコースです。チャプター2までは必ず実施します。全てのチャプターを実施する場合、チャプター1から順番にチャプター13までご指導します。ご希望に応じてアレンジが可能です。個別相談時にお申し付けください。終了した時点で貴社独自の儲かる工場経営の仕組みができあがります。

  • 総合コース:10ヶ月で20回のご訪問

    標準コースに加えて、現場活動の指導を実施します。現場リーダーを対象に、改善活動の進め方、QCD意識づくりを現場で直接指導します。儲かる工場経営の仕組みづくりと並行して、現場活動の強化を図りたいときは、こちらをお薦めします。

各プラン料金表

プラン 導入コース 標準コース 総合コース
料金 60万円(税別) 150万円(税別) 220万円(税別)
訪問回数 3回 12回 20回
標準期間 2ヶ月 10ケ月 10ヶ月
1回あたりの時間 3時間~4時間 3時間~4時間 3時間~4時間
終了後のオプション 終了後、標準コースへ 継続可能 その後のフォローは定期訪問コンサルティングにて その後のフォローは定期訪問コンサルティングにて
料金に含まれるもの コンサルティングファイル 計画書+コンサルティングファイル+各種資料+報告書 計画書+コンサルティングファイル+各種資料+報告書
  • ※料金のお支払いはコンサルティングが開始されるまでの指定日までに一括払いでお願いしております。
  • ※標準コース、総合コースのお支払いについては、分割でのお支払いのご相談承ります。
  • ※交通費、地域によっては宿泊費を別途、ご請求します。
  • ※ご入金後、着手します。
  • ※ご要望により「生産性ロードマッププログラム」をアレンジすることも可能です。
【ご注意】

生産性up体制構築コンサルティングは、個別相談を受けた方に限定してお受けしております。当社のコンサルティング方針をご理解いただいた経営者の方でない限りサービスのご提供は難しいとの判断によります。何卒、ご理解の程、お願い申し上げます。

6.定期訪問コンサルティング

弊社の生産性UP体制コンサルティングを受けられた経営者に限り、定期訪問コンサルティングをお受けしています。活動のフォローや仕組みのメンテナンスなどを通じて、継続的な「生産性向上」を後押ししてもらいたい経営者向けのコンサルティングです。

※顧問契約、プロジェクトなど特定業務の支援についてもご相談を承っております。お気軽にお問い合わせください。

7.個別相談

現在、ご訪問に加えて、ZOOMでの個別相談を実施しております。進め方につき、お問い合わせください。

中小現場での「生産性向上」に関する貴社問題点を全てお話し下さい。個別問題での課題の特定やその解決方針、弊社が中小製造企業向けに開発した「生産性ロードマップ戦略プログラム」コンサルティングの内容や導入のやり方についてのご相談をお受けします。

時間

2時間~3時間 (現場を拝見する時間により長短致します。)

料金

35,000円(税別)

相談

貴社における「生産性向上」の問題点と課題の明確化

弊社コンサルティング導入に向けての検討

人数

経営者あるいは経営幹部の他1名、1社で2名まで。

会場

東京都内会議室あるいは貴社にて開催します。

貴社での開催を要望される場合は交通費が別途必要となります。

なお、「生産性ロードマップ戦略プログラム」を使った生産性UP体制構築コンサルティングおよび定期訪問コンサルティングについてのお問い合わせは、お電話やFAX、メールで随時お受けしております(無料)。お気軽にお問い合わせ下さい。

個別相談でのご不明点は、お電話やFAX、メール(お問い合わせからお送り下さい)でご連絡下さい(無料)。

個別相談を決断されましたら、下記「お申し込みフォーム」かFAXでお申し込み下さい。

個別相談お申し込みから個別相談までの流れ

【確認のメール】 お申し込みをお受けしましたらご記入いただいたメールアドレス宛に会場および開催日時についてのご連絡を差し上げます。

【個別相談の手順書および請求書のお届け】 会場と開催日時が確定した後、個別相談の手順書と請求書をメールにて送付致します。

【料金お支払い】 期日までにお支払い下さい。

【資料等準備】 必要な資料があれば準備いただきます。

【個別相談当日】 当日会場でお待ちしております。(貴社へお伺い致します。)

なお、個別相談後、生産性up体制構築コンサルティングおよび定期訪問コンサルティングにご契約いただいた際は、お支払い金額分を全額充当致します。

8.お申し込み

個別相談およびコンサルティングのお申し込みは「お申込みフォーム」か「FAX」でお願い致します。折り返し、弊社よりご連絡を差し上げます。

個人情報の取り扱いについて
  1. ご記入いただいた個人情報は、お問合せへの対応及び確認のために利用します。
  2. また、この目的のためにお問合せの記録を残すことがあります。

フォームでのお申し込みはこちら

必須のついている項目は、必ずご記入お願い致します。

必須
必須
※入力後、県名自動入力
必須
必須
■お名前ふりがな
■お役職必須
必須
必須
必須 ※折り返しお申込み確認用のEメールをお送りします。半角英数文字にて、正確に入力いただくようお願い申し上げます。
確認ボタンの前に以下の承諾をお願いします。

個人情報保護方針について承諾する。

FAXでのお申し込みはこちら

こちらのお申し込み用紙をダウンロードしてご利用ください(PDF書類です。)
FAX:
03-6869-8441
※番号をお間違えの無いようにお願い申しあげます。