青色の空を飛ぶ白色の鳥 初めての方へ 代表 伊藤 哉 よりのメッセージ

中小製造企業の経営者の方々へ

NO2私たちのホームページをご覧いただきありがとうございます。工場経営研究所代表の伊藤です。

私たちのテーマは一貫して「モノづくり」です。中小製造企業の経営者の方々へコンサルティングサービスをご提供しています。「モノづくり連鎖」の全体最適化を目指した儲かる工場経営の仕組みをつくることに特化しております。

「5年先、10年先の見通しを現場へ提示していますか?」現場のやる気を引き出のは見通しです。その見通しを重視した弊社独自の仕組みづくりを10年ロードマップ戦略プログラムでご提供します。

私たちが願うのは中小製造業の持続的な発展です。少子化、高齢化、人口減少化、市場の成熟化、様々な環境変化の下にあって、前向きで活力ある中小モノづくり企業を増やすことです。

将来的にも豊かな生活を実現するのに、中小モノづくり企業が果たす役割は大きいです。日夜奮闘している経営者様を全力でご支援して「成果が出たよ」と心から満足いただくことを目指します。「成果」にこだわります。

  • 現場の「今」を把握する仕組みを持っていただくこと。
  • 「今」を現場へ任せ、「未来」を考えることに専念いただくこと。
  • そして、将来への不安を完全に払拭し、見通しを立てていただくこと。

これが、工場経営研究所の目指す「成果」です。

工場の将来を見通せずに苦労している経営者の方々

技術開発や製品開発、生産性向上活動に一生懸命、取り組んでいらっしゃる経営者は多いです。イノベーションが持続的な成長に欠かせないのを理解しているからです。

その一方で、いろいろな活動に取り組むけれども、なかなか成果に結びつかず、工場経営の将来構想で悩んでいる経営者は少なくないです。

技術開発や製品開発に取り組むが、日常業務が忙しく、継続的な活動ができない。いつの間にか活動自体が雲散霧消してしまう。将来の新技術や新製品が見えず心配だ・・・・。

工場経営研究所は、経営者が持たれている将来への不安を完全に払拭します。5年先、10年先を見通しながら、コア技術を深耕/強化する仕組みづくりに全力で取り組みます。カイゼンと連携させ、組織的にイノベーションを起こします。当社は期待にお応えできる知識と経験、ノウハウを持っています。

工場の将来が見通せて、今やるべきことがハッキリしている状態を目指します。技術で戦う世界は先手必勝であることをご存じだからです。その状態を継続することが儲かる工場経営に他なりません。

儲かる工場経営のノウハウ

私は、25年間、大手企業や中小企業の工場で勤務し、実務を重ねてきました。一貫して工場で実績を積みました。

技術/製品開発を伴う新規事業のマネージャーを担当し、売上高が数十億円規模の事業を現場で立ち上げました。部品加工職場の管理者の時はIEの手法を駆使して1年間で生産性を50%UPさせ数年間赤字だった部門を黒字化しました。

一方、職場の事情で人員調整を図らねばならなくなり、断腸の思いで従業員へ事情を説明しコトを進めたこともあります。また不幸にして発生した労災の原因究明と対策のために公的機関と現場を奔走しました。

工場経営で必要な業務は全て経験してきました。

ですから現場で直面する問題は全て理解できます。机上の空論ではなく、汗のにおいのする実地での経験を土台にしているので、カユイところに手が届くノウハウの体系をご提供できます。

これまで、売上高100億円規模の工場から、数億円規模の工場で、多くの仲間と仕事をしてきました。そして工場の規模に関わらず、現場には必ず、その工場独自の強みがあることに気づきました。モノづくり力と人財力です。

さらに中小の現場では、経営者がリーダーシップを発揮する姿を目の当たりにし、中小企業の強みを実感しました。一方で、会社の将来をいつも気にしつつも、具体策を打ち出すのに苦労している姿を目にしました。

そこで、私たちは、現場の強みに焦点を当てた、未来志向で儲かる工場経営のノウハウを体系化しました。会社や工場の将来をいつも気にしている多くの中小製造業経営者の役に立ちたいと願ったからです。

今を知って、未来を見通し、コア技術で儲けます。

私たちのノウハウは一般的な改善に見られるコスト削減に始終しません。見通しのない現場活動は盛り上がらないことを何度も経験しているからです。部分最適化にとどまり、成果も限定的だからです。強みを生かし、コア技術を深耕/強化して利益を積み上げる流れを創ります。

カイゼンとイノベーションを連携させた弊社独自のコンサルティングです。貴社の「モノづくり連鎖」に着目し、儲ける力を150%アップさせます。

共感いただける経営者の方々を全力でご支援したい

私たちの使命は、儲かる工場経営のノウハウを多くの中小製造業の経営者にご提供して、将来への不安を拭い去って、見通しを立てていただくことです。そして、前向きで活力ある中小モノづくり企業を増やすことです。

不安を取り除けば、未来へ向けた工場経営に集中できます。そして、目指すべき将来を全社で共有できます。従業員から共感が生まれ、経営者の想いが現場へ浸透します。

工場経営の本質は、“Doing things through others”、自分の想いを、他人を通じて実現することです。ですから、儲かる工場経営の駆動力は従業員であり、その従業員から引き出されたやる気です。

工場の強みはモノづくり力と人財力に集約されます。これらの強みを生かした儲かる工場経営の仕組みを構築します。従業員から持続的なやる気を引き出すことがカギです。時間もかかり、知恵が必要です。特効薬はありません。

時間を味方につけた地道で継続的な努力が必要です。これがモノづくりで儲けるための王道です。王道ですから遠回りするかもしれません。しかし確実に成果が出ます。特に、次世代を担う若手人財に活躍してもらいます。

あきらめないで行動し続けて下さい。必ず想いは現場へ浸透します。成果へつながります。あきらめない限り、失敗はありません。あきらめないで行動し続ける経営者の方々を私たちは全力で後押し致します。

共感いただける経営者の方々と私たちは本気でいっしょに汗をかきます。自社の発展と従業員の豊かな生活を願い、ますます前向きで活力あるモノづくり現場を目指したいと日々奮闘されている中小製造企業の経営者の方々とお会いできるのを楽しみにしております。

お任せください。

株式会社 工場経営研究所
代表取締役 伊藤 哉