<儲かるタイムマネジメントで利益を拡大させる「中小製造経営者のための儲かる工場経営5大戦略」 詰めて、空けて、取り込んで人時生産性を高める具体戦略

「儲かる工場経営5大戦略」

当セミナーでは、大手と中小の製造現場の経営に携わり、中小現場を黒字化してきた儲かる工場経営の第一人者が、事業を大躍進させる現場活動の仕組みづくり、戦略的リードタイムで利益を拡大させる現場活動の進め方の具体ポイントを分りやすくお伝えします。

貴社事業のステージを高め、飛躍させる新たな工場経営戦略の手法として、現場の豊かな成長と発展を願う貴社へ強くお薦めします。

当社主催のセミナーは完全返金保証付きです。 セミナー内容にご不満な場合、全額返金させていただきます。

開催予定セミナー

20221031日(月) 東京開催 「経営者のための儲かる工場経営5大戦略」10月東京セミナー

於:機械振興会館B3-3(地下会議室)

受付開始
伊藤 哉

競合を凌駕する独自のタイムマネジメントで生産性を150%へアップさせ、右腕役を育てながらロードマップとプロジェクトで毎年利益を拡大させる具体策。詰めて、空けて、取り込む戦略的リードタイムで生産性を高める「儲かるタイムマネジメント工場経営」です。貴社を豊かな成長発展のスパイラルへ。

中小製造企業経営者のための「儲かる工場経営5大戦略」セミナー開催!

アフターコロナでは価値観・仕事観が一層多様化し、削減の時代から積み上げへの時代へ加速して変化しています。儲かる工場経営のやり方も変わってきました。こうした大変革の中、「安定して利益を生み出す儲かる現場に変えられないか・・・」多くの経営者の願望を実現させるのが、詰めて、空けて、取り込む独自のタイムマネジメントで、人時生産性を150%へアップさせ、利益を毎年拡大させる「儲かるタイムマネジメント工場経営」です。

しくみのDX化も課題です。少数精鋭の中小現場では価値を生み出さない「作業」を減らさなければなりません。データ分析に伴う処理作業などが現場の負担になっていませんか?貴社も新たなしくみづくりに挑戦していただきたいのです。

  • 戦略1.競合を凌駕する圧倒的な人時生産性向上戦略
    収益構造を知らなければ利益は出ない!!
  • 戦略2.圧巻の人時生産性へ高める製販一体戦略  
    儲かる仕組みがなければ絶対に儲からない!!
  • 戦略3.持続的な競争優位を築くリードタイム短縮戦略
    ボトルネックを知らなければ積み上げられない!!
  • 戦略4.狙った利益を確保する付加価値積み上げ戦略
    利益の理屈を知らなければ製販一体になれない!!
  • 戦略5.他の追随を許さないロードマップ戦略
    事業を大躍進させたければコレを使え!!

付加価値額人時生産性を、3,000円、4,000円から6,000円、7,000円のステージへ高める具体戦略です。

大手と中小の製造現場の経営に携わり、中小現場を黒字化してきた儲かる工場経営の第一人者が、事業を大躍進させる現場活動の仕組みづくり、儲かる価格を設定しながら顧客を生み出す現場活動の進め方を具体的に分かりやすくお伝えします。事業のステージを高める新たな戦略として経営者ならびに経営幹部の方々に強くお薦めします。

製造業ならではの収益構造を理解してロードマップとプロジェクトで幹部を育成し、大手とは一味違った中小独自のやり方で人時生産性を高めるのが中小製造現場の生き残り戦略です。大手と中小の現場を実地で経験している弊社代表だからこそお伝えできることがあります。

弊社主催のセミナーは完全返金保証付きです。セミナー内容にご不満な場合、全額返金させていただきます。

タイトル 2022年10月 東京開催 「経営者のための儲かる工場経営5大戦略」10月東京セミナー
開催日時 20221031日(月) 13:30〜18:00(開場13:15)
機械振興会館B3-3(地下会議室)
機械振興会館外観

会場写真2〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8
(東京タワーの隣) アクセス
TEL TEL 03-3434-8216

参加費 25,000円(税込)/1名様 ※テキスト・資料代を含みます※内容にご不満な場合、全額返金させていただきます。
定員 5名様
※満席になり次第、締め切らせていただきます。
株式会社 工場経営研究所 ※内容にご不満な場合、全額返金させていただきます。
※申し込みはこちらからお願いします。

詳細はこちら

20221125日(金) 東京開催 「経営者のための儲かる工場経営5大戦略」11月東京セミナー

於:機械振興会館B3-3(地下会議室)

受付開始

競合を凌駕する独自のタイムマネジメントで生産性を150%へアップさせ、右腕役を育てながらロードマップとプロジェクトで毎年利益を拡大させる具体策。詰めて、空けて、取り込む戦略的リードタイムで生産性を高める「儲かるタイムマネジメント工場経営」です。貴社を豊かな成長発展のスパイラルへ。

中小製造企業経営者のための「儲かる工場経営5大戦略」セミナー開催!

アフターコロナでは価値観・仕事観が一層多様化し、削減の時代から積み上げへの時代へ加速して変化しています。儲かる工場経営のやり方も変わってきました。こうした大変革の中、「安定して利益を生み出す儲かる現場に変えられないか・・・」多くの経営者の願望を実現させるのが、詰めて、空けて、取り込む独自のタイムマネジメントで、人時生産性を150%へアップさせ、利益を毎年拡大させる「儲かるタイムマネジメント工場経営」です。

しくみのDX化も課題です。少数精鋭の中小現場では価値を生み出さない「作業」を減らさなければなりません。データ分析に伴う処理作業などが現場の負担になっていませんか?貴社も新たなしくみづくりに挑戦していただきたいのです。

  • 戦略1.競合を凌駕する圧倒的な人時生産性向上戦略
    収益構造を知らなければ利益は出ない!!
  • 戦略2.圧巻の人時生産性へ高める製販一体戦略  
    儲かる仕組みがなければ絶対に儲からない!!
  • 戦略3.持続的な競争優位を築くリードタイム短縮戦略
    ボトルネックを知らなければ積み上げられない!!
  • 戦略4.狙った利益を確保する付加価値積み上げ戦略
    利益の理屈を知らなければ製販一体になれない!!
  • 戦略5.他の追随を許さないロードマップ戦略
    事業を大躍進させたければコレを使え!!

付加価値額人時生産性を、3,000円、4,000円から6,000円、7,000円のステージへ高める具体戦略です。

大手と中小の製造現場の経営に携わり、中小現場を黒字化してきた儲かる工場経営の第一人者が、事業を大躍進させる現場活動の仕組みづくり、儲かる価格を設定しながら顧客を生み出す現場活動の進め方を具体的に分かりやすくお伝えします。事業のステージを高める新たな戦略として経営者ならびに経営幹部の方々に強くお薦めします。

製造業ならではの収益構造を理解してロードマップとプロジェクトで幹部を育成し、大手とは一味違った中小独自のやり方で人時生産性を高めるのが中小製造現場の生き残り戦略です。大手と中小の現場を実地で経験している弊社代表だからこそお伝えできることがあります。

弊社主催のセミナーは完全返金保証付きです。セミナー内容にご不満な場合、全額返金させていただきます。

タイトル 2022年11月 東京開催 「経営者のための儲かる工場経営5大戦略」11月東京セミナー
開催日時 20221125日(金) 13:30〜18:00(開場13:15)
機械振興会館B3-3(地下会議室)
機械振興会館外観

会場写真2〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8
(東京タワーの隣) アクセス
TEL TEL 03-3434-8216

参加費 25,000円(税込)/1名様 ※テキスト・資料代を含みます※内容にご不満な場合、全額返金させていただきます。
定員 5名様
※満席になり次第、締め切らせていただきます。
株式会社 工場経営研究所 ※内容にご不満な場合、全額返金させていただきます。
※申し込みはこちらからお願いします。

詳細はこちら

過去開催セミナー

  • 開催終了 2022年9月28日(水) 東京開催 「経営者のための儲かる工場経営5大戦略」9月東京セミナー
  • 開催終了 2022年7月21日(木) 東京開催 「経営者のための儲かる工場経営5大戦略」7月東京セミナー
  • 開催終了 2022年4月27日(水) 東京開催 「経営者のための儲かる工場経営5大戦略」4月東京セミナー
  • 開催終了 2022年2月24日(木) 東京開催 「経営者のための儲かる工場経営5大戦略」2月東京セミナー
  • 開催終了 2021年11月24日(水) 東京開催 「経営者のための儲かる工場経営5大戦略」11月東京セミナー
  • 開催終了 2020年12月10日(木) 東京開催 「経営者のための儲かる工場経営5大戦略」12月東京セミナー
  • 開催終了 2020年11月18日(水) 東京開催 「経営者のための儲かる工場経営5大戦略」11月東京セミナー
  • 開催終了 2020年10月14日(水) 東京開催 「経営者のための儲かる工場経営5大戦略」10月東京セミナー
  • 開催終了 2019年6月13日(木) 東京開催 経営者のための「生産性UP体制つくり方」東京6月セミナー
  • 開催終了 2019年5月16日(木) 東京開催 経営者のための「生産性UP体制つくり方」東京5月セミナー

セミナー参加者の声

【N社 K様】

人時生産性を高める日常業務の体系が見えてきた。これまで的外れなやりかたであることがわかった。

【A社I様】

人時生産性を高めるため、自分が考えていることをわかりやすく図表や数値で現場へ伝える重要性に気付いた。

【T社 N様】

付加価値額を積み上げるという考え方は現場のモチベーションを高めるに活用できる。

【K社 S様】
仕組みづくりの考え方が生かせると思いました。

【K社 T様】
改善の仕組みづくりに生かせる。

【S社 H様】
新規事業を展開するにあたり効率アップの手がかりがつかめた。

【S社 S様】
若手育成の考え方がわかった。

【T社 H様】
部下への教育内容を整理することができた。

【A社 H様】
やはり”評価とフォロー”が大切であることを再認識した。

【T社 M様】
人時生産性アップの手法が理解できた。

【K社 I様】
現場の若手のやる気を引き出す現場活動進め方が分かった。やってみたい。

【U社 U様】
継続できる製造現場の仕組みづくりのポイントが理解できた。見える化が大切であることが分かった。

【N社 A様】
BEP、VAの考え方と収益構造表は現場で使えそうだ。

【T社 N様】
付加価値額の積み上げ状況の見える化は役に立ちそうだ。マイナスではなく、プラスの見える化が大切であると分かった。

【S社 E様】
変化をとらえた経営指標の表現の仕方はやってみたい。直感的にわかるのが優れている。

【M社 K様】
我が社の経営課題は「内」にあることが分かった。指示導線を構築できていなかったことが諸問題の原因だ。さっそくやってみたい。