「10年ロードマップ戦略」—儲かる工場経営を目指して—第48話 多能工化には現場のチーム力を高める効果がある

現場の多能工化を計画的、体系的に進めていますか?

 

筋肉質の現場は、少数精鋭で柔軟性も兼ね備えています。柔軟性が高いとは、次のようなことです。

・多品種少量生産で、多様な工程をこなせる。

・減産体制で、需要量に適応した人員再配置ができる。

・突発依頼に対応できる体制を維持できる。

これらができる現場の柔軟性は高いです。

 

そして、これらを可能にしているのが「多能工化」です。現場メンバーの多能工化水準が高ければ、高いほど、人員配置の選択の幅は広がります。

多品種にしろ、短納期にしろ、幅広い要求に対応できる現場です。顧客へ提供する製品(サービス)の価値を高められます。多能工化はQCDに関連して付加価値を生み出すのです。

多能工化を進めるポイントは2つあります。

1.多能工化が必要な背景を現場に理解してもらうこと。

2.多能工化の進捗を見える化すること。

 

 

 

 

 

10人規模の自動車部品製造ラインで、1名の作業者が仕事を辞めることになりました。もともと余力がない状態で2交替勤務を廻していた職場です。1名抜けると、つなぎ残業の負荷も大きくなります。

そこで、新たな人員の採用活動を進める一方、残ったメンバーでの対応方法に知恵を絞りました。人員が減っても、生産性を維持、あるいは向上させる取り組みです。

その現場では、初めて取り組む改善活動でした。現場リーダーを中心に、多様な工夫を展開してくれました。

中でも印象的だったのは、外観検査を専門にやっていた女性パート従業員の申し出です。フォークリフトの免許を取得して、検査業務の合間に運搬作業をするというものでした。

これによって、他の従業員の運搬作業負荷を減らすことができます。その結果、残業時間を減らすことに貢献したのです。

現場に、しっかりと現状を伝え、目指すべき状態を提示すれば、現場もいっしょに知恵を絞り、頑張ってくれることを実感しました。

知ってもらうと、期待以上の頑張りを現場が示してくれることがあるのです。知らせることの大切さを理解しました。

こうした頑張りに対して、経営者や管理者は、確実にフォローと評価をすることが重要です。経営者の想いを浸透させるのに欠かせない深い信頼関係を築けます。

 

 

 

 

 

また、20人規模の機械加工職場で、戦略的に多能工化を進めたことがあります。狙いは顧客へ提供する製品(加工品)に付帯するサービスの品質を向上させることです。

突発対応や短納期が主な狙いでした。そうして、単価UPを目指したのです。

現場へは、戦略的な狙いを説明し、組織的に進めることを説明しました。そして、多能工化の進捗を見える化して、取り組み始めました。

個別の進捗に加え、全体進捗として下記の進捗率を定義し、共有しました。

多能工化進捗率=各人が習得済となった工程数総計÷各人が習得すべき工程数総計×100

 

誰が順調で、だれが遅れ気味なのか、一目瞭然です。こうしたことが見えると、自然とメンバー同士がサポートし始めました。

現場のベテランが、若手にこう発破をかけているのも耳にしました。

「腕磨かないと、給料上がらないぞ!!」

多能工化の評価は、極めて客観的です。そして、多能工化の評価結果を、本人の業務評価へしっかりと反映させます。

実は、これを機会に、その職場の評価へ、多能工化の項目を加えてもらうことにしていました。100%ではないですが、ある程度、査定へ反映させることに挑戦したのです。

当然、仕事のやりがいは、お金だけではありません。しかし、ある程度、評価と給与を結びつける仕組み作りも必要なのです。

それは、フォローと評価における”恣意性”の排除を現場に示すことになります。現場との信頼関係を築くのに効果的です。評価の客観性を示すことで、現場の信頼感は高まります。

 

 

 

 

 

2つの経験を通じて、多能工化には、現場のチーム力、組織力を高める効果があることにも気づきました。現場メンバー間のコミュニケーションを促すからです。

フォークリフトに挑戦した女性パート従業員の働きを他のメンバーがサポートしていました。また、技能習得が遅れているメンバーを、ベテランがサポートしていました。

同じ職場の仲間です。目的が明確であるなら、相互支援の雰囲気が自然と生まれます。それがモノづくり現場です。

 

 

多能工化は、柔軟性を高める職場づくりの柱のひとつです。QCDに関連した付加価値を生み出します。多能工化は、経営者の戦略的な意思のもと、計画的、体系的に進めるものです。

加えて、多能工化は、現場のチーム力を高める点にも注目します。

 

現場の多能工化を進める仕組みをつくりませんか?